[Marinos 2017] vs アスルクラロ沼津(EC/3R)

前回の観戦記で書きかけた、前半戦の軽い振り返りの続き。
自陣からのビルドアップを上達したいという挑戦は、柏と鳥栖の厳しいプレスに、一度は心まで挫かれてしまった。
正直、このときは、無理してやり慣れないことに挑戦しなくても良いのでないか、と思っていた。
やっているサッカーに迷いが生じれば、どんなチームでも崩壊の危機に立たされてしまうから。

事態が好転したのは、2つの試合がきっかけだったと思う。
1つ目は、アウェーの清水戦。Martinusの左WG起用と、Hugoにクロスを入れる攻撃が、有効な武器だと確認できた。
2つ目は、その翌週のホームの川崎戦。守りから入ってカウンターと、皆で割り切って戦った結果、大観衆の前でライバルに完勝することができた。ピッチ上での迷いが消え、大きな結果を手にして、選手達の自信が蘇った。

時を同じくして、マチ、扇原、山中と、怪我などで出遅れた面々が加わって、強度の強いサッカーができるようになった。
彼らは、カップ戦でアピールしてAチームに上がった。結果は出なかったが、ルヴァン杯の6試合が実ったわけだ。

そこから先、前半戦最後のアウェー大宮戦まで、迷いを振り切ったチームは突っ走った。
ベースは守備。まず失点しないよう我慢する。前から行くときは行く、引くときは引く。ただし常に、球際では戦う。
ビルドアップも、ある程度は我慢する。相手が元気な前半は、上手く崩せなくても仕方ない。でも挑戦する。
そして、好機と見れば、長いパスも多用する。扇原が加わって、効果的な長いパスが増えてきた。
こうして、チームはある程度安定して戦えるようになった。幸運も手伝って、勝ち点も予想以上に拾えている。



今年5回目の、水曜の三ツ沢でのカップ戦。今日は天皇杯の3回戦。
下位カテゴリーのチームの本拠地で開催するのが原則ながら、相手の沼津の事情で、今日は三ツ沢になった。
170712-01s.jpg


3週間前の2回戦に引き続き、自由席のホーム側で観戦。
今日は自由席がだいぶ埋まっていた。バックスタンドのアウェー側が閉鎖だったから、こっち側に密集したのかな。
170712-02s.jpg


席に着くとほぼ同時に、ウォーミングアップが始まった。
今日はBチームに主力が少々混じる。と言っても、開幕直後と比べれば、Bチームの顔触れも変わってきている。
170712-03s.jpg


キックオフ前に、急いで弁当を食べる。
今日は崎陽軒の、期間限定で販売されている「メガシウマイ弁当」。
170712-04s.jpg


ベンチにはAチームの面々が控える。
ただ、ボンバーを入れた意味はあったのか。新井もいるのに、どういう展開なら彼を使ったというのか。
170712-05s.jpg


アウェー側ゴール裏の沼津サポーター。そう遠くないJクラブだけあって、それなりの人数が駆け付けてくれた。
その後、ホーム側の自由席に入れなかった人々が、向こうのゴール裏を埋めていった。
170712-06s.jpg


今日もカップ戦ユニフォームの青。
赤を使う日は来るのか。使う日が来るとしたら、平日の実質アウェーでの試合だから、観戦できないかも。
170712-07s.jpg


向こう側だったのでよく見えなかったが、喜田の抑えたミドルシュートが、色々とあってゴールに入った。
誰かに当たってコースが変わり、GKが必死に抑えにいったが、わずかに及ばずラインを割った?
170712-08s.jpg


この試合、沼津に沢山CKを与えることになった。そこから失点もあった。
CKを与えてしまう守備に問題があった。攻め込まれる機会は多くないものの、全般的に対応が緩かった。
170712-09s.jpg


右WGで先発した前田が攻め込む。
良い形からシュートの場面を2回作ったが、今日は枠を捉えられなかった。
170712-10s.jpg


Babunskiは随所に上手さを見せるものの、持ち過ぎて攻撃を停滞させてしまう場面も。
そして、中盤の要所に顔を出す沼津の25番は、Jリーグ発足時を知る男、今年43歳の鉄人・伊東輝悦。
170712-11s.jpg


前半の終わり頃に、学が2点ぽんぽんと取った。
前半戦はまさかの公式戦無得点。ようやく点を取れた。それも、力任せでない巧みなシュートで。もう大丈夫か?
170712-13s.jpg


3-0で折り返して後半へ。
格下相手にも合わせてしまうマリノスらしくなく、今日は順調に突き放して試合を終わらせたかと思ったが。
170712-14s.jpg


出場停止で1試合欠場した隙に、山中に取って代わられた松原。
折角マリノスに馴染んできたところで、勿体ない気もするが、これも競争。ここから返り咲き目指して、奮起してほしい。
170712-16s.jpg


スタンドは沸かせるものの、アピールには失敗した感があるBabunskiが、天純と交代で下がる。
こういう采配を見ると、天純がErickの信頼をがっちり掴んでいることが、よく分かる。
170712-17s.jpg


格下といえ、相手もプロのJクラブなので、ビハインドの終盤には攻め込んでくる。
それに対して、マリノスは一度緩んだのを立て直せず、後手後手の緩い対応に終始してしまった。
170712-19s.jpg


下平は、今日が2試合目の90分フル出場。
ボールを持ったときの落ち着きとパス出しは流石。守備の怪しさも相変わらず。後半戦は出番が増えるだろうか。
170712-21s.jpg


後半ロスタイムに1点ずつ取り合って、4-2で勝利という結果になった。
カップ戦なので、勝てば別に良いのだけれど、J3のチーム相手に2失点というのはだいぶ後味が悪い。
170712-23s.jpg


今月下旬にリーグ戦が再開されるまで、2週間半の中断期間に入る。
特に練習試合も組んでいなくて、お馴染みの新潟の十日町でキャンプを行うらしい。
170712-24s.jpg


スコアもスコアだし、相手も相手なので、トリパラを回そうという雰囲気ではなかった。
でもまぁ、無難な勝利と4回戦への切符をありがとう。次はどこで試合かね。
170712-25s.jpg



冒頭で長々と書いたので、試合の感想は手短に。
無難に勝ったことは勿論良いこととして、この試合の収穫は、ずっと無得点だった学がようやく点を取ったことだろう。
今季ここまでは、フィニッシュで相手を外す動きがなく、力任せのシュートが目立っていた。

今日の2得点は、GKまで抜いて流し込んだものと、GKの動きを見切って頭上を越したもの。
どちらも、本来の学らしいゴールで、これで一安心。と思っていたら、後半にも豪快に決定機を外した。
ゴール裏が後半も学へのチャントを繰り返していたように、とにかく彼への期待は大きい。
いわゆるケチャップの蓋は開いたと思うので、次はリーグ戦で、いわゆるケチャップどばどばを見せてほしい。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2017] vs サンフレッチェ広島(H)(J1-18)

今日からリーグ戦は後半戦に入るので、軽く前半戦を振り返ってみる。
戦術観に関しては全くの素人なので、あくまで(全体を見渡しにくい)スタンドで自分が感じたことに基づいて。

昨年から引き続き、両WGの突破力を強みとするサッカーで新シーズンに臨む。
新戦力、特に新外国人選手の威勢の良い「挨拶」もあり、連勝スタートを切ることができた。
しかし、3節にして早くも学が負傷離脱。ここから、学の復調を待ちつつ、学に依存し過ぎないサッカーの模索が始まる。

前線に蹴り込んでも、なかなか攻撃は続かないので、後ろから繋いで組み立てることになる。
しかし、マリノスは、伝統的にも、(当時の)主力の顔触れからしても、「自陣からのビルドアップ」はだいぶ苦手。
監督は意識付けのために自陣深くから足元での繋ぎを強く求めるが、選手達は苦手意識があるのか、ともすれば無難な方向に流れる。ボールを持たせてくれるチームが相手だと、待ち構える相手の外側をボールが右往左往する。

それはまだ良い方で、相手が厳しくプレスに来るチームだと、まともにボールを持てなくなる。
GW前後、特にアウェーの柏戦と鳥栖戦(ホームの仙台戦もか)では、厳しいプレスに刈られ続けることになった。
あの頃、チームはだいぶ混乱に陥っていた。それを救おうとする学も、悪循環に陥りもがいていた。
・・・書き始めたら長くなったので、続きはまた次の観戦記で。



梅雨が明けて連日ひたすら蒸し暑く、夏を感じさせられる日々になった。
なので、そろそろ夏のスープカレーを食べに行こうと、綱島の「らっきょ&スター」を訪れた。
170708-01s.jpg


季節のスープカレーは「ポーク角煮と夏野菜のレッドスープカレー」。
食べると冷房が効いていても汗が出てくるので、食後にラッシーを飲んでクールダウンしてから出発する。
170708-02s.jpg


キックオフの3時間前に日産スタジアムに到着。
駅からここまで歩くだけでもだいぶ暑く苦しいし、着いても太陽の下でしばらく並ぶのでずっと暑いまま。
170708-03s.jpg


いつものバックスタンドに席を取る。
まだこの辺は日向なので、しばらく屋根下の日陰に避難する。
170708-04s.jpg


今日の来場記念ピンバッジ。
お好み焼きはガンバ戦で使っていたので、宮島かもみじ饅頭だろうと思っていた。
170708-06s.jpg


試合前のウォーミングアップの1コマ。
丸刈りにしたのはBabunskiで、今日は久しぶりにリーグ戦でスタメンの機会が巡ってきた。
170708-07s.jpg


最近は、バックスタンドでもトリコロールの旗が振られることが多くなった。
特にロゴのない旧ユーゴの国旗みたいな旗は、ゴール裏のサポーター有志が貸し出しているもの。
170708-08s.jpg


アウェー側ゴール裏の広島サポーター。
チーム状態も良くないし、関東在住者と合わせても、まぁこんなもんか。
170708-09s.jpg


リーグ戦6連勝を掛けて、17位の広島を倒しにいく。
代表招集で離脱したMartinusに代わって、坊主頭のBabunskiが左WG(実際は左SH)でスタメン出場。
170708-10s.jpg


あまり良い試合の入り方ではなかった。
互いにボールを持たせる守備をする中、マリノスは大事なところを締めることができていなかった。
170708-11s.jpg


左サイドのBabunskiは、やはり外よりも中でのプレーを志向する。
サイドを空けて山中を走らせるので良かった気がするけれど、あまり動きは整理できていなかった感がある。
170708-14s.jpg


不慣れな役割の中でも、何とかチームに貢献しようという気持ちは見えた。
が、それは1人の気持ちだけでは、空回ってしまう。がっつりアフターで削って警告を受ける場面も。
170708-15s.jpg


サイドの守備ではBabunskiはどうかな、と思ったけれど、前半は広島はあまり右サイドを使わなかった。
Mikicが出てきたら怖かったけれど、今日は怪我で欠場。左サイドの柏に攻撃の比重が高まったようだった。
170708-16s.jpg


0-0で折り返して後半へ。
最近よくあるパターンだけれど、今日もどうにかして点を取って、逃げ切りたい。
170708-18s.jpg


共にリトリートする守備で、野球のように交互に攻め合う中、段々と広島の攻撃が長くなってきた。
アウェーでの試合でも、ルヴァン杯の試合でも、危険だったのはこの左サイドの柏。こいつさえ防げれば・・・。
170708-20s.jpg


後半途中から、学が左、Babunskiが右にサイドを入れ替えた。
学はプレーの幅が広がったものの、Babunskiは右サイドでだいぶ迷子になってしまった。
170708-21s.jpg


スタミナも切れてきたところで、Babunskiを諦めて前田を投入。
最初からこれをしなかったのは、Babunskiの技術をどうにか活かしたかったからなのだろうが・・・。
170708-22s.jpg


そうしたら、残り10分で、前田が先制点を決めた!
ベンチの方から選手達とカメラマンが、すごい勢いで前田の方に駆けていって、何が起こったのやらと。
170708-23s.jpg


悪いながらも勝ちパターンだったが、今日はここで持ち堪えられなかった。
最後の最後、警戒すべき柏のクロスから崩され、引き過ぎて空けてしまったバイタルから撃ち込まれて同点に。
170708-24s.jpg


1-1の引き分けに終わり、リーグ戦の連勝は止まった。
試合内容からすれば引き分けも仕方なし。しかし先制できた展開と17位相手のホーム試合、やはり勝ちたかった。
170708-26s.jpg



少々低調な試合で、結果も残念だった。
勢いだけで連勝してきたわけではないが、今日は攻守に勢いが足りなかった気がする。
走ることでチームに活力を与えてきたMartinusの不在と、あとはやはり暑さによる運動量の低下かな。
全体的に動きが活発でなく、スイッチを入れることにも苦労していた感がある。

それでも残り10分で幸運にも先制できたのだから、マリノスならばそれを守り切ってほしかったと思う。
引き過ぎて、一気呵成に攻められて、カウンターも繰り出せず。大宮戦の終盤と同じ流れにしてしまった。
あれだけ押し込まれれば、守り切れることもあるけれど、守り切れないこともあるだろう。
5連勝中もそういうことがあったけれど、今日は結果として上手くいきませんでした、と。

ただ、まぁ、そのまま勝っていてもおかしくないサッカーはできた。
夏の補強もなさそうで、このメンバーで最後までいくならば、これをベースに続けていくことになる。
Martinusの復帰、Babunskiの逆襲、学の復調、そしてベンチ入りメンバーの底上げ。
進歩を止めなければ、このメンバーでも十分にやっていけるはず。その可能性を信じよう。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Baystars] vs 読売ジャイアンツ(V) (Jul 2, 2017)

今季4回目(公式戦は3回目)のベイスターズ戦の観戦。
本当は、6月にメットライフスタジアムでの試合を観に行く予定だったのだけれど、仕事のため急遽キャンセルに。
次の観戦予定が8月のYOKOHAMA STAR NIGHTだったので、その前にもう1試合観ておきたいと思った。

そうしたところ、この7月2日の東京ドームでの試合が、なかなか面白そうということが分かった。
ビジター応援デーということで、来場ポイントがもらえる上に、試合後にグラウンドに入れるという。
そして、相手の巨人は日曜に山口俊を登板させる先発ローテーションを組むという。
調べてみると、まだチケットがあったので、衝動買いの如くにして観戦を決めた。



試合開始の約1時間前に東京ドームに到着。
昨年10月のクライマックスシリーズ(1戦目)以来になる。
170702-03s.jpg


ビジター応援デーなので、三塁側の場外にファンクラブブースが設置されていた。
ベイスターズファンも結構来ていそうな感じだった。
170702-04s.jpg


今日も三塁側のA指定席で観戦。
昨年のクライマックスシリーズのときよりも、だいぶ中寄りで前の方になった。
170702-05s.jpg


シートノックに飛び出す前に、野手陣が円陣を組む。
当たり前のように混じっているスターマンが可愛い。
170702-06s.jpg


1回表、ベイスターズファンのブーイングを浴びて、山口俊がマウンドに上がる。
巨人のユニフォームが似合わないことはないが、ウチにいたときよりも心なしか小さく見える。
170702-08s.jpg


ベイスターズの先発は今永。先週は東京ヤクルト戦で完封勝利を挙げた。
調子は上がってきているので、前回(5月21日)の借りを返す投球を期待する。
170702-09s.jpg


ベイスターズ打線が序盤から山口俊に襲い掛かる。
2回表に3点、そして3回表には筒香に大きな2点本塁打が出て追加点。
170702-10s.jpg


この試合では、倉本が4安打の大活躍。
長らく打率が2割そこそこに低迷していたのが、最近は上がり調子で一気に2割5分を超えた。
170702-11s.jpg


ビジター応援デーだからか、スターマンだけでなくdianaも東京ドームに駆け付けた。
ジャビットとdianaの共演という、何とも不思議な光景だった。
170702-12s.jpg


5回裏、一塁走者と交錯した石川が、負傷のためベンチに下がる。
現場ではラフプレーに見えて憤ったが、後で映像を見ると、一塁走者も避けきれない不運な衝突のようだった。
170702-13s.jpg


7回表、一方的なリードで気分の良さそうなベイスターズファン。
今日はクライマックスシリーズのとき程ではなかったけれど、三塁側の内野席にもベイスターズファンは結構いた。
170702-14s.jpg


途中出場の荒波も、適時打を含む2安打と活躍した。
いずれも鋭く引っ張る打球で、彼も復調の気配かなと嬉しかった。
170702-19s.jpg


8回表には平田が登板。危なげなく3人で抑えた。
今年はここまで結果が出ている。大事な場面ではまだ怖いけれど、便利屋的に使い勝手良く投げてもらえたら。
170702-20s.jpg


9回裏に一死満塁のピンチを迎えたが、ここはどうにか無失点に抑えた。
両チームとも、多くの投手を継ぎ込んだし、攻撃では残塁が多かった。終盤はぐだぐだな試合になってしまったな。
170702-22s.jpg


ともかく、今日も巨人に快勝し、この対戦カードは3連勝となった。
今季初の3タテで、長かった5割ラインとのお付き合いも終わり。ここから一気に突っ走ってもらいたい。
170702-23s.jpg


試合終了後しばらくして、両チームのファンクラブ会員がグラウンドに入れてもらえた。
東京ドームでグラウンドレベルに下りるのは初めて。グラウンドの真ん中からスタンドを見渡すのは不思議な感覚。
170702-24s.jpg


二塁ベースを踏んでみた。やはりプロでも柔らかいベースを使うのね。
ベースの周りは、ファンの足跡だらけになる前は、選手のスパイクの跡が無数に残っていた。
170702-26s.jpg


最後に、外野フェンスの真下まで来てみた。
横浜スタジアムに慣れていると、この4メートル強のフェンスを低く感じていたが、近くで見るとやはり高かった。
170702-27s.jpg



あっさり山口俊を攻略して、拍子抜けなくらいの完勝。
相変わらず、あいつはメンタルが弱い。東京ドームの一角を占めるだけのベイスターズファンにブーイングされた程度で、あれだけ動揺していたら、満員の横浜スタジアムで投げたらどうなるのか。あれでよく巨人に行こうと思ったな。

ベイスターズの打者も、山口俊に気持ち良く投げさせないように、色々と工夫していたようだった。
まず目に付いたのは、2回表の先頭打者で出てきたLopezだった。
不自然な程に間合いを嫌って何度もタイムをかけ、投げにくそうにさせておいて、甘い球をスタンドに運んだ。
また、序盤で出た安打のほとんどは、センターから逆方向に打ち返したものだった。
むきになって力で抑えにきたところを、狙い打って心を挫いてやった。
昔から、あいつは力で押し切れているときは手が付けられないが、それが出来ないと余計なことを考えて変化球でかわそうとしたり、コーナーに投げ分けようとしたり、自分に向いていないことをやりだして途端にだめになる。

山口俊を打ち崩したところで、試合としてはほぼ終わりだった。
その後に、多くの安打を重ねながら、山口俊以外からは3点しか取れなかったのは不満。
Lopez、宮崎、嶺井にそれぞれ、本塁打ぎりぎりのファールがあったので、技術的には惜しかったのだろうが。
各打者がますます振れてきて、この後の試合に良い影響が出てくれれば、それで良いのだけれど。

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示