FC2ブログ

[海外旅行-05] Cambodia - Phnom Penh & Siem Reap 5話

Angkor遺跡群の話を少ししておこう。
CambodiaSiem Reapの近辺に、有名なAngkor Watや前回の記事で少し紹介したAngkor Thomなど、中世のKhmer王朝が建設した沢山の遺跡が点在する。小さなものまで合わせると、その総数は数百から千に届くと言われている。

残されている遺跡はほとんど当時の寺院。
宗教としては、仏教のものとヒンドゥー教のものとがざっくり半々くらい。
この2つ、Cambodiaでは宗教的混合があり、あまり厳密に区別されていないようだ。日本における神仏習合のように。

Khmer王朝は、今のCambodia、ThailandLaosと、Vietnamの半分くらいを版図とし、歴史上、東南アジアの大陸部では最も強い勢力を誇った。最近は弱っているイメージのCambodiaだけれど、かつては東南アジアの覇者だったわけだ。
それで、文化面でも、これだけの規模と完成度の建築を延々と行うだけの、発想と財力とがあった。
一説には、歴代の王が、「先代の建てた寺院なんて使えるか!オレはオレの寺院を建てる!」と頑張ってしまったため、「無駄に」と言いたくなるくらい寺院の数が増えたという。その結果、東京23区くらいの広さに1000もの寺院。



Angkor Thomの中心にあるBayonの続きから。
外側の回廊のレリーフを眺めた後は、寺院の中心部へ。塔のように突き出ている建物に顔が彫られている。
180104-18s.jpg


中の石段を上がって2階に進むと、塔に彫られた顔が近くに見える。
四面仏と呼ばれるらしく、ほほ笑んだような表情の仏様の顔がそれぞれの塔の各側面に。
180104-19s.jpg


入口とは反対側(西側)にある出口を見下ろして1枚。
出口付近は扱いが悪いのか、いかにも修復工事中という雑な置かれ方のまま、遺跡の石材が放置されている。
180104-21s.jpg


次はBayonの隣にあるBaphuonを見物する。
"Baphuon"は隠し子という意味らしい。婚外子ということではなく、さらわれそうになった子供をここに隠したのだと。
180104-22s.jpg


上の写真、寺院への正面参道は少し浮いた桟橋になっていて、両側には池が配置されている。
この形はAngkorの遺跡によく見られる様式で、池には神(仏)から与えられた水の恵みを象徴する意味合いがある。

上の写真では池がしょぼく見えるのは、乾季の真っ只中の1月だったからだと思う。
雨季になって、豪雨で水が満ちれば、参道を桟橋にした意味も分かりやすくなるのでないかな。
ちなみに、先程のBayonも、雨季になると池ができるようだが、今は乾季で干からびていたようだ・・・。


Baphuonは3階建てというか3層構造になっている。2層目の外周と3層目に入れる。
今の姿は長い修復工事が終わったもののようで、昔は中央に数十メートルの塔があったという。本当かいね。
180104-23s.jpg


2層目の外周。蒸し暑いので、木陰で休憩する人もちらほら。
この上の3層目には、なかなか角度の急な階段で登っていく。Angkorの遺跡は、全般的に傾斜がきつい。
180104-26s.jpg


そして3層目、Baphuonの中心部に登ってきた。
外観が立派に修復されたのに比べて、この中心部分が安っぽいというか、やっつけ仕事に見えてしまうのは気のせいか。
180104-28s.jpg


3層目から参道の方を見下ろして1枚。
緑に囲まれた精巧な石造りの寺院。遺跡の見物はどれも印象深く、そして蒸し暑い。それがAngkor全般の感想。
180104-29s.jpg


Baphuonのさらに隣には、「王宮」と呼ばれ塀で囲われた区域がある。
王宮だけあって、正面入口の付近は一段高くなっていて、そこには手の込んだ装飾がなされている。
180104-30s.jpg


無数の象が彫られ、ところどころに象の長い鼻を模した装飾まである。
その外観的特徴から、「象のテラス」と呼ばれ、かなり人気の記念撮影スポットにもなっている。
180104-32s.jpg


ホテルから持ってきた水がなくなってきたので、路上の売店で売っているミネラルウォーターを買った。
"Bayon"って、さっき見た遺跡の名前だけど、この水はどこから取ってきたのだろうか。Khmer文字は読めなかった。
180104-33s.jpg


「象のテラス」を上から眺めて1枚。
左の森の中に「王宮」がある。ちょっと木陰で一休みしたい。
180104-35s.jpg


「王宮」の敷地の中。と言っても、それっぽい遺構はほとんど残っていない。
寺院や神殿は石造りの重厚な建物だったのに対して、人間の家屋は木造で、熱帯の気候によりすぐ朽ちてしまった。
180104-37s.jpg


「王宮」の中心にあるPhimeanakasという神殿だけは石造りで、現代まで残っている。
この神殿にまつわる神話は、超肉食系女性に化けて出た精霊が国王を毎晩呼び出して・・・という、しょうもないもの。
180104-38s.jpg


もう1つ、「王宮」の中の池も石造りなので、今も形を残している。
余計なお世話ながら、これ、水の入れ替えはされているんだろうか。たまに池で水浴びしている人を見かけたが。
180104-40s.jpg


Angkor Thomには、まだいくつか遺跡があるようだけれど、似たり寄ったりなので切り上げる。
待っていてもらったトゥクトゥクに乗って、10分くらい移動したところにあるTa Prohmという遺跡へ。
180104-45s.jpg


この遺跡は、敢えて修復を最小限度にとどめているそうだ。その理由は、以下の写真を見てもらえれば分かるように、自然の力により修復が困難で、かつ、そのままにしておいた方が見た目に面白いから。
180104-46s.jpg


建物を構成する石も昔のままなので、苔むして全体的に緑色になっている。
崩れた石のブロックが散らかっていて、そこかしこ木が生えるに任せている。
180104-48s.jpg


この遺跡の特徴である、建物と木の相克。そこら中で絡まりあっている。
1000年も放っておくと、素晴らしく精巧な遺跡も、こうやって自然に還っていくのだな。
180104-49s.jpg


こちらは、木の枝が建物にめり込んで、石のブロックが今にもばらばらになりそう。
近い未来か遠い未来か、いつか見物客の前で崩壊する可能性もあるね。
180104-50s.jpg



このTa Prohmは、崩れた石のブロックが場所や道を塞いでいるところが多く、踏み入れる場所が少なめだった。
それでいて、このような特徴のため人気が高く、訪れる人が多く滞在時間も長い。
だから、他の遺跡に比べるとだいぶ混んでいた。

ただでさえそんな場所に、中国人団体客が2グループも3グループも来てしまったら、もう大変。
彼らの回るルートを把握した上で、見る場所が重ならないようにしながら、嵐が過ぎ去るのを待つしかなかった。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

FMBH Awards 2018

3回目の御招待で、ようやく初参加できました。
お会いした方はみんな初対面なので、やはり最初はだいぶ緊張しました。
ずっとマリノスの話題で時が過ぎていく飲み会というのは初めてで、自分にはとても新鮮でした。
願わくば、これから先、少しでもマリノス仲間ができたらいいなという、その一歩目にできたらと思っています。

改めて感心したのは、スマホ+SNSの全盛期にありながらブログを書き続ける方というのは、やはり何らかの「芸風」を持っているんだな、と。例えば、一押しの選手、愛すべきマスコット、海外発ニュースなど。
そういう自分の特別な関心分野があれば、更新も続くし読者も多くなる。そういうことですかね。

1回記事を書くと、大体(のべ?)250くらいのFMBH経由のアクセスがあると、nariさんのデータで分かりました。
せいぜい40~50くらいかな、と思っていたので、今更ながら、FMBHって根強い人気があるんだな、と。
賞をもらうような人気ブログに比べれば、数字としては半分くらいの「集客力」しかないことになるようですが、こんな癖のあるブログでも、それだけの読んで下さる方々がいると分かって、少なからぬ励みになりました。

これからも、淡々と書き続けたいと思います。
新シーズン、共に楽しみましょう。

FMBH Awards 2018

(※2018年にアップしたサッカー記事は47のはずなのだけれど、あと6つどこから来たのだろう??)

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[海外旅行-05] Cambodia - Phnom Penh & Siem Reap 4話

Cambodiaを旅行するのは、思っていたよりも楽だった。
それは、どこでも米ドルがそのまま使えて、かつ、観光客として利用するサービスの大半で英語が通じたため。
言い換えると、Cambodiaでしか使えないものというのが特になかった。

通貨については、一度しか行かないような国だと、現地通貨の調達が悩ましい問題になる。
旅行の最後に余らせると、日本円や米ドルに戻すには不利なレートを強いられるし、コインは両替できないとか一定額以上でないと両替に応じないなんていうこともある。だから、余らせないよう、使う分だけを両替するように心がけている。
でも、そこに気を配りすぎると、旅行の終盤には節約しすぎか使いすぎのどちらかになりがち。
その点、米ドルなら、余っても取っておけばまた使うこともあるから、ちょっと多めに用意して使うだけ使えば良い。

言語については、公用語はKhmer語でこれは全然分からないけれど、結局はほとんど英語で通すことができた。
なにせ、Phnom PenhでもSiem Reapでも、自分が会ったトゥクトゥクの運転手は、皆ある程度の英語を話せたのだ。
多くの国では、ホテルやレストランでは英語が通じても、タクシーでは通じないから、これにはちょっと驚かされた。
また、Khmer文字で書かれた看板も、観光地ではそのほとんどに英語表記が付されていた。
おかげで、今回の旅行では、言葉でストレスを感じることが全くなかった。



2日目の夕方、Siem Reap国際空港に到着。
この空港は国際線の方がメインで、周辺各国からPhnom Penhを経由せず直接ここに来られる。
180103-63s.jpg


空港からは、ホテルの無料送迎バスを利用した。
今日から3泊する"Tara Angkor"というホテル。Angkor WatとSiem Reapのダウンタウンとの間に位置する。
180103-65s.jpg


入ってすぐのロビーとフロント。日本人女性のスタッフがいた。
日本人と気付かずに英語で用を伝えたら、冷ややかな視線と美しい英語が返ってきた。
180103-66s.jpg


部屋はこんな感じ。入ってまず、寒くなりすぎないようにエアコンを調整した。
キングサイズのベッドは、一人旅だとちょっと大きすぎ。クイーンサイズが丁度良いのだけどな。
180103-67s.jpg


折角なので、Siem Reapのダウンタウンに食事をしにいく。
片道が徒歩20分くらい。日が暮れてさほど暑くないし、この辺は治安も良いので、十分歩ける。
180103-68s.jpg


ダウンタウンは観光客で賑わっていた。
夕食に選んだのは"Khmer Kitchen"というレストラン。
180103-69s.jpg


今日は"Khmer Curry"を食べてみた。
ココナッツ風味で辛さがだいぶ控えめで、ジャガイモではなくサツマイモのような甘みのある芋が使われていた。
180103-70s.jpg


食べた後は、ちょっとダウンタウンを散歩してみる。
このPub Streetの付近は、夜多くまで飲み屋が賑わっているらしい。団体で来たら、こういうところも楽しそうね。
180103-71s.jpg


観光客向けのエリアなので、土産物屋で民族衣装とか雑貨とか売ってる。
「何かお探しですか?」「サッカーのCambodia代表のシャツない?」「・・・。」自分の嗜好には合わなかったみたい。
180103-73s.jpg


3日目の朝。今日は夕方まで遺跡見物するので、朝食でしっかりエネルギーを注入する。
クイティウ(Kway Teow)という米麺のスープをオーダーメイドで作ってくれるのが気に入って、滞在中は毎朝食べた。
180104-01s.jpg


ホテルの前でトゥクトゥクを捕まえて、今日回りたい場所を伝えて1日チャーター。
相場の倍くらいの30米ドルとふっかけてきたのを、20米ドルまで下げさせて、面倒くさいからそれでOKにした。
180104-02s.jpg


Angkor Wat等この地域に点在する遺跡群を見物するには、共通の入場券が必要。
ホテルの近く、Angkor Watからは少し離れているこの建物で売っている。遺跡では売っていない。
180104-03s.jpg


20も30も窓口があって、それでもこれだけの混み具合。Angkor遺跡群の人気を思い知る。
自分は3日券を購入。65~70米ドルくらいだったかな。結構高いな。
180104-04s.jpg


再びトゥクトゥクに乗り、今日はAngkor Thomから見て回る。Angkor Watは明日に回す。
トゥクトゥクの屋根で一部見ないけれど、この立派な門がAngkor Thomの南大門。
180104-06s.jpg


"Angkor"はSanskrit語で都市、"Thom"はKhmer語で大きいという意味。
さしずめ、Angkor Thomは"big city/town"ということになる。
その名の通り、城壁で囲まれた3km四方の大きな区域の中に、多くの遺跡が残されている。


そのAngkor Thomの中心にあるBayonから見物を始める。
石だけで造られ、これだけの規模と精緻な装飾を持つ遺跡というのは、初めて見る。
180104-07s.jpg


入口の近くにあった看板。Bayonの保存修復には日本からの援助が出ているようだ。
なにせ、途上国だし、最近まで内戦やってたし、これだけの大規模な遺跡を自力で維持する余裕はないんだな。
180104-08s.jpg


見物客は多く、写真は少々取りにくいけれど、取り合えずはゆっくりと自分の目で見て回ろう。
気温は30℃前後で、東南アジアらしくかなり蒸し暑く、かつこの遺跡はほぼ屋外だから、暑さで結構消耗させられる。
180104-09s.jpg


遺跡の一番外側を囲む回廊には、壁面に絵が彫ってある。レリーフというやつだね。
これだけの大作を刻み上げるには、どれだけの腕利きの職人が、どれだけの時間を費やしたのだろう。
180104-10s.jpg


ここにはKhmer王朝の軍隊の行進が描かれている。別のところには、Khmerの人々の暮らし等も描かれていた。
修復作業も行われたのだろうけれど、800年も昔の遺跡にこれだけの装飾が施されていたことが驚きだった。
180104-11s.jpg


回廊の外側、あまり見物客が見ないところ。
この辺りは恐らくさほど修復も施されていなくて、昔のままの姿を今に伝えているのではないかな。
180104-13s.jpg



年末年始休暇の時期なので、団体又は個人の日本人観光客も結構見かけた。
東洋の神秘に触れにきた欧米人(白人)も、思っていたより多かった。

されど、そこかしこで圧倒的な存在感を放っていたのは、中国から来た団体さん達。
彼らが現れると、その空間はもう彼らだけのものになってしまうね(苦笑)。これはもう、諦めるしかない。
レリーフをゆっくり眺めたり、写真を撮ったりしたいときは、彼らが次の場所へ移るのを待ってやり過ごすしかない。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示